歯周病の原因と治療法

歯周病は、発症すれば葉の周りの骨が溶けてしまい、最悪の場合には歯が抜け落ちてしまう病気です。


なぜ、発症してしまうのかというと、歯と歯茎の隙間で細菌が繁殖して、歯の周辺組織を破壊してしまうからです。

そのように細菌が隙間に感染して、症状が進行しために歯茎に裂け目ができてしまうのを歯周ポケットが出来ているというのです。

原因となっている菌は、誰の口の中にも住んでいる常在菌なので、誰もがこのような状態になるわけではありません。


歯周病になるのは、歯磨きを良くしないために歯垢(プラーク)が増えていることや、加齢やストレスなどによって体の免疫力が低下しているためです。

iemoに関する詳細はこちらです。

どうすれば、歯周病を治療できるのかというと、細菌に感染していることが原因ですから、抗生物質で除菌していくことが効果的です。

また、細菌の住処ともいえる歯垢、あるいは歯垢が固まった歯石を取り除き、細菌の増殖を止めることも同時にやっていくことです。



ひとつ注意点としては、歯周病の原因となる細菌を取り除こうと、うがい薬で殺菌することを試みる人がいますが、うがい薬では歯茎の奥にまで潜んでいる細菌を殺菌することはできません。



歯垢を取り除くためには歯磨きや歯科での治療をするのが一番なのです。
ただ、洗口液の中には、歯垢にも浸透する殺菌成分が入っている製品もあるので、口をゆすぐ習慣をつければ予防効果を期待する事ができます。

なお、鼻炎などで鼻呼吸ができなくて、口呼吸をしている人は、口内が乾燥され殺菌作用を持つ唾液もないので、歯垢が出来やすくなります。歯周病治療をするのであれば、同時に鼻呼吸が出来るよう治療をする事が必要です。