虫歯ができたら必ず歯医者で治療してもらおう

虫歯を治すためには誰でも知っているように歯医者に行かないといけませんが、それをわかっていても虫歯を放置してしまう人がいます。
虫歯を放置すると虫歯はどんどん大きく成長していきます。

虫歯が大きくなれば、次第に痛みを感じるようになりますし、その痛みを我慢して耐えようと思っていても虫歯による歯の痛みというのは、とてつもなく強烈で、我慢しようと思っても我慢できる痛みでもありません。また、市販の痛み止めを飲んだとしても痛みを抑えることはできるかもしれませんが、その効果は一時的にしか効果がないので、時間が経つことによって、また痛みを感じ始めてしまいます。虫歯は大きく進行すると虫歯の菌は、歯だけでなく顎の骨に入り込んでしまい、更に強烈な痛みを引き起こしてしまいます。



痛みの他にも顔がパンパンに腫れたり、発熱などの症状も引き起こします。

顎の骨に入ってしまった虫歯の菌は、通常の虫歯治療では治すことができません。
顎の骨に入った虫歯の菌を治療するには、顎の骨を削らないといけないので、顔の形が変わるなどの可能性も出てきてしまいます。


虫歯が放置しているだけで、これほどまでにいろいろな悪影響が出てくるので、虫歯になってしまったら必ず虫歯を治療して治してもらうことが大切です。



歯医者での虫歯治療も最近では、無痛治療を行ってくれる歯医者がほとんどです。

ですので、治療中に痛みを感じることもないので、痛みに怯えずに虫歯を治してもらえます。